福袋の起源と歴史

福袋の起源と歴史

・福袋の起源

福袋とは元々古来の福(幸運)が入っている袋のことを指していて

福袋の起源といわれているものは
福袋の神である大黒天が打ち出の小槌と米俵と一緒に持っていた大きな布袋のことをそう言っていた。

 

・福袋の歴史

【江戸時代】
福袋の発祥と言われているのが今の大丸百貨店の前身である大丸呉服店が
呉服の端切れの残り布などを袋詰めにして初売りで販売したとされる。

【明治40年】
現在の松屋の前身である鶴屋呉服店が福袋の販売を開始している。

【明治44年】

現在の松坂屋のの前身であるいとう呉服店「多可良函(たからばこ)」という名の福袋を販売した。

【現代の福袋】
現代の福袋はほぼ商業用の企画商品として年始の初売りの目玉として売り出される。
複数の異なる商品を数点袋詰めにして実際の数点の合計販売価格より価格にすることで格安商品として企画される。
その年の初めに「福袋」として購入することにより「福を呼ぶ一年」という縁起ものというイメージもある。
また中に何が入っているかわからないというのが元来の福袋のコンセプトでもあったので一種お楽しみ袋的な要素も大きかった。

 

近年は福袋の中身をある程度提示した上での販売も多くなってきている。

 

またさまざまな形式の福袋が販売されており貴金属や住宅や旅行など超高額な福袋や
さまざまなアイディアが盛られたコラボ福袋や農業体験が出来る福袋など体験型福袋なども販売されている。

 

ここ最近はインターネットでの通信販売サイトにおいても1/1(元旦)から配送などで早期に予約販売をしているところも多い。

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポーツブランド福袋

家電量販店福袋

PR